返済額の計算とシミュレーション

 カードローンを利用したことのない人にとって疑問かもしれませんが、カードローンで借りたお金の返済金額はどのように決まるのでしょうか。

 これは借りた金額に多寡によって一月当りの返済金額が変わってきます。

 いくら借りれば、一月当たりの返済額がいくらかということは銀行・銀行系のカードローン会社によって様々なのですが、例えば10万円未満なら一ヶ月当りの返済金額が4,000円、10万円以上20万円未満なら一ヶ月当りの返済金額が8,000円、などのようになっています。これを約定返済といいます。ローンを借りたときに自動的に決まる必ず返済しなければならない最低金額のことを言います。

 これとは別に自主的に自分で金額を決めて返済することを追加返済といいます。ここで注意しなければならないのは追加返済をしたからといって、約定返済をしなくて済むというわけではないということです。約定返済を一ヶ月4,000円しなければならないところを、10,000円追加返済をしたからといって、その月の約定返済をしなくていいというわけではないということです。

 どうせ約定返済をしなければならないのだから、追加返済をするのは早くお金が消えてしまう分損だ、と思われるかもしれませんが、もちろんお金を借りれば利息がかかってきます。ですからできるだけ早く返したほうがもちろん金額的にお得です。

 可能ならできるだけ追加返済をして金利をできるだけ払わずに返済をしてしまいましょう。